ウィンドウォッシャーの噴射状態について

一度は使用したことがあるウィンドウォッシャーはフロントガラスなどが汚れている場合などに使用します。
これはどうしてもフロントガラスなどとても汚れやすくなります。また雨の日のあとなどは雨水の跡やワイパーをかけたあとの線がのこっていたりとても見えにくい時があります。
                                                                 

そのような時に太陽の光が反射すると真っ白になって全く見えないこともよくあります。
このような時にワイパーを使用しますが、なにもしないままワイパーをかけるのは汚れを伸ばしてしまうことになり余計にひどくなってしまいます。
またそれだけではなく、ガラス面についている汚れや砂などといっしょにワイパーをかけることになりガラス面が傷ついてしまうのです。
そのような時にウォッシャーを十分かけてからワイパーをするとキレイに汚れを取ることができるのです。
                                                                       

そのためにはウォッシャー液を常にいれておく必要があり、その残量を確認しておく必要があります。
また適切に噴射されなければ意味がありません。運転席からウォッシャーをしてみてフロントガラスに届かない場合は、残量の不足かウォッシャーの出口が目詰まりしていることが考えられます。よくあるのは洗剤やワックスなどが詰まってしまうことがありますので、それらは細いもので取り除くようにします。