新車時や定期点検直後との動きの違いを意識して確認!

車に乗っていると、異常をきたすことがあります。通常は、異常をきたす前に何らかの異変が前兆として起きるのが普通です。完全に異常になる前に、定期的にチェックをしておくといいでしょう。車は乗っていけば、消耗していくものなのでメンテナンスやチェックが重要といえます。
card02_m

新車の時と定期点検を行ったあとの動作確認や違いをチェックしていきましょう。日常生活でも簡単に行う事ができます。静かなところでエンジンをかけて、正常に作動をするか確認をしましょう。また、ペダルを踏み込んだときのふみしろは正常かどうかや、踏み込んだときの感触も確かめるといいです。サイドブレーキを引いたときに、いつも同じところまで引くことができるかもチェックできます。多すぎたり、すくなすぎたりしてはダメです。日常的に行えるチェックはさまざまです。車を長く乗りたいと考えている人ほど、こうした些細なチェックをして、早期の異常発見を行う事が大切です。

車の知識が少しいるので、点検をするときには事前に勉強をしましょう。手軽に確認ができるものばかりなので、実施するのが良いです。また、点検をする日を決めておいて、習慣化すると点検をすることが当たり前の習慣となります。